プロフィール

sora zora tei

Author:sora zora tei
テルミンと出会って15年。
ぼちぼちと続けています。
お越しいただき、ありがとうございます。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追記:テルミン・マトリョミン演奏会@尾花座(三重県亀山市)

2012年01月27日 23:48

追記:関宿・尾花座でのテルミンライブ、無事終了しました。
   築150年のお蔵での演奏会、貴重な体験となりました。[続きを読む]でご報告します。
   (少々長いです^^;)


obanaza-neon


東海道47番目の宿場町・関宿(三重県亀山市)。
旧街道の古い町並みがとても良い雰囲気です。
その中に、当時薬局だった家屋を活かした「ナガヲ薬局/カフェ綾羽」と、
同じ敷地内の蔵を使った「喫茶+Bar 尾花座」があります。

今回は、「尾花座」でのイベントにお招きいただき、テルミン演奏をします!

座長のなぐぁさんは名古屋でもいろいろなイベントの企画・サポートでご活躍なのですが、
実はマトリョミン教室の元・受講生さんでもあります^^

ガムラン+テルミン+マトリョミン+ケロミン+αで、何が起こるか、私も楽しみ。

以下、「尾花座ブログ」より。

*****


「ガムランとテルミンのライブ」

音楽に国境はないっ!
寒い国だろうが熱い国だろうが奏でられる音楽はどれも楽しい気分になれます。
今回はインドネシア、バリ島の影絵芝居の伴奏としても使われる旋律打楽器グンデル・ワヤンと、
1920年代にロシアの発明家、レオン・テルミンが開発した世界初の電子楽器テルミンと、
おかしな電子楽器マトリョミンとケロミンで不思議世界旅行に招待します。

【会場】
ナガヲ薬局カフェ綾羽 / 別館尾花座
三重県亀山市関町中町420-1

【出演】
みーやん+植山視保子(ガムラン)
高 扶美枝(テルミン)
なぐぁ(マトリョミン+ケロミン)

【時間】
開場 17:00 / 開演 17:30

【チケット】
前売り 1,000円 / 当日 1,500円
(ドリンク代別途)

【予約、お問い合わせ】
kurage-neko@hotmail.co.jp

*****


関宿入りし、以前から気になっていた「而今禾」で野菜ランチをいただきました。
素材のひとつひとつが、ありがたい美味しさ。
jikonkalunch

慌ただしい時の流れから置き忘れられてしまったかのような関宿の町並みは、
およそ2キロに渡って続きます。
東の外れに而今禾、そして西の端の近くに、「ナガヲ薬局/カフェ綾羽」があります。
nagao1

尾花座への入り時間を待ちながら、カフェ綾羽でお茶を。
季節限定・薩摩芋モンブランと、ブレンド薬草茶・太陽茶をいただく。美味し。
nagao2
(ちなみに、カフェ綾羽の裏手にある尾花座には、月のお茶があります。)

ここで、ライブでご一緒するガムラン(グンデルワヤン)演奏家のみーやん+植村視保子さんと合流。
「ガムラン」と一言では片付けられない、構成する楽器の多様さ、奥深さの一端を
お二人との会話から垣間見ました。

時間を待ちながら、古い薬局の建物を活かした築190年(!)の風情ある内装に、3人とも興味津々です。
nagao3

なかなか本題に入れませんが、いよいよ尾花座入り。
狭い階段からお蔵の2階に楽器を運び上げ、準備を進めます。

*****
本番は、尾花座・座長のなぐぁさんから。

マトリョミン・ケロミン・鼻笛を操る、楽しいステージでした。
一曲の中で3つの楽器を持ち変える離れ業は、お客さんからも「おおーっ」と感嘆の声が^^
obanaza-kero

*****
みーやん、植村視保子さんの「グンデルワヤン」

今回演奏するグンデルワヤンは、金属の板と、竹の筒から成る旋律打楽器。
旋律といっても独特な音階を持ち、西洋のそれにはあてはまらないのです。
gundel1

2台で一組。お互いの音と音の間を埋めるように打ち、2人で演奏が完成するのだそう。
また、互いに微妙に異なる調律を施されているため、
同じ板を叩いても周波数の差からうねりが生まれます。
gundel2

激しい曲になると、重なった音が独特な響きを生み、空間が満たされていくのです。。
とても美しい。
ただ、打ちっ放しだと残響で曲の輪郭が潰れてしまうため、
スティックで打っては素早く手根で響きを止めながら演奏するのだそうです。

*****
ガムランの音世界の余韻を残しながら、試みにテルミンとの即興演奏に挑戦させていただきました。
音階を構成する音を一つ鳴らしてもらってはテルミンで後を追い、
それらの組み合わせを変えながら、次第に厚みを増すグンデルワヤンに乗っていきます。

とても刺激的で、楽しい体験でした。
obanaza-theremin

和の空間では、いつもデッドな音環境が気がかりなのですが、
お蔵の中は適度な響きで、弾いていてとても気持ち良かったです。

座長とのデュエットもさせていただきました!
obanaza-nagua

*****
座長の計らいで、この日がお誕生日というお客様に
マトリョミン・ケロミン・グンデルワヤンで「ハッピーバースデー」をプレゼント。
空間もお客さんも、みんなあたたかかったなあ。

暑い国のガムランと、寒い国のテルミン。
絶対に出会うことがなさそうな二つに、出会いの機会をくれた座長とオーナーに感謝です!

*****
本日の演奏曲

グンデルワヤンとの音遊び
ほしめぐりのうた
蘇州夜曲
静かな時
Sundowner
スカボローフェア
スターダスト
感傷的なワルツ
黒い瞳

カチューシャ
空色の客車
私の青空

今日の日はさようなら



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://theremindays.blog54.fc2.com/tb.php/208-69c58f20
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。