プロフィール

sora zora tei

Author:sora zora tei
テルミンと出会って15年。
ぼちぼちと続けています。
お越しいただき、ありがとうございます。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追記2: テルミン・オンドマルトノ演奏会@長久手

2010年01月24日 23:30


追記2:1/24、「音の華」コンサートに行ってきました。[続きを読む]で、感想などを。

追記1:1/9、ガレリアコンサートに行ってきました。[続きを読む]で、感想などを。


随分以前に、フレンズオブテルミンのメルマガでお知らせをいただいていました。
まだ来年の話、と思っていたら、もう今週末となりました。

 1月9日(土)長久手町文化の家 ガレリアコンサート
 「テルミン、オンドマルトノの世界」
 
 1月24日(日)創造スタッフ・プロデュース・コンサート『音の華』 
 「ファンタジー(マルチヌー作曲)」  〔オーボエ、テルミン、ピアノ、弦楽四重奏のための〕

テルミンの演奏は、オンドマルトノの演奏家でもある坪内浩文さん。
オンドマルトノはフランス生まれ。楽器の形や演奏方法は随分違いますが、こちらも電子楽器です。
様々な拡声器からの、繊細な音の響きが素敵です。

テルミンとオンドマルトノ、一度に聴ける貴重な機会だと思いますので、
ガレリアコンサートには是非行きたいと思っています。

マルチヌーの「ファンタジー」といえば、Carolina Eyck さんのDVDを入手したのに未だ観ていなかった。。

まだチケットはあるかな。
問い合わせは「長久手文化の家」まで!


<追記2 1/24>
愛知初演の「白い風景」(吉松隆)、日本初演の「ファンタジー」(マルチヌー)、
そしてスタッフ作曲の世界初演、「名もなき花へ」(市橋あゆみ)。
他にもハープをフィーチャーした五重奏、七重奏。
普段はなかなか目にすることのない楽器や、編成による曲ばかり。
誰もが知っているなじみのあるものではないけれど、どれも不思議な懐かしさ・美しさを持つ曲たちでした。

今日の一番の目的は、テルミンのために書かれた「ファンタジー」。
オーボエと、弦楽四重奏と、テルミン。(ロシア製t-vox)
物理的な摩擦を経ずに発されるテルミンの音は、どこか浮世離れした幻想的な響き。。
それでも、難解な跳躍音程での五重奏との絡みは、古典的なメロディーを奏でる楽しみとは
また違った緊張感があり、聴き応え・見応えがありました。

・・・と、わかったような事を書いておりますが、
正直に申しますと、「あんなに音が跳ぶのに、よくとれるなあ~」とか、
「自分の音、どうやってモニターしてるんだろ・・」とか、
ただただ感心しておりました。

難しいこと抜きに、とても良いコンサートだった。。
テルミンも、そしてオンドマルトノも、その楽器を愛するプレーヤーが存在し続ける限り、
過去のものではないのですね。

アンコールの、出演者全員による「ブエノスアイレスの冬」がとてもよかったです。
残念ながら、テルミンは入りませんでしたが。。



*****
<追記1 1/9>
「長久手文化の家」のガレリアコンサートの会場は、ヨーロッパのお城の中庭風・・
吹き抜けですが、程良い響きで、響きすぎること無く、聴きやすかったです。

テルミンもオンドマルトノも、同じ世代に生まれて居ながら音楽界での扱いは大きく異なりました。
楽器として美しい音を出せる、という認識が広まりつつある今から先に、期待したいところです。

その、数少ない テルミンのために残された楽曲、マルチヌーの「ファンタジー」。
日本初演だそうです。

私も、あわててDVDで予習しました。。

チケットはまだありそうですので、お時間のある方はいかがでしょう!

t-voxテルミン、オンドマルトノ、珍しい楽器を一度に堪能できたステージでしたが、
もう一つ、ユニークなものがありました。
BOSE製のスピーカー。(奥)
bunkanoie1

解体後で低くなっていますが、スピーカー部分(BOSEのエンブレムのある、細長い部分)
は、2m以上のところまで上げられます。
一本で180°をカバーするため、二本立てる必要が無いとのこと。

数年前、面全体から音を出し、離れても音が弱くならないという、パネルスピーカーを
使わせていただく機会がありましたが、ごく薄いパネルなのに、その性能に驚いたものです。
技術の進歩というのは、頼もしいですね。


コメント

  1. yada | URL | hiASQYt.

    坪内さんのお名前、どこかで見たなぁと思ったら
    以前にTOKUZOで対バンされてた「不思議な旅」の方ですね。
    あの時に聴いたモルダウは衝撃でした…。

  2. への | URL | mQop/nM.

    1/9は残念ながら仕事で行けませんが、1/24のは行きたいなぁ...
    問い合わせてみます。情報ありがとうございました~♪69

  3. takaf | URL | -

    yadaさん、

    そうです!
    ご都合が合えば、是非行ってみてくださいね。
    また違ったテルミン・オンドマルトノを聴けると思います。

  4. takaf | URL | -

    へのさん、

    私も問い合わせてみます。
    現地でお会いできると良いです~。

  5. 特雷門琴 | URL | ogz9v/Dw

    ありがとうございました。

    コンサートにお出かけ下さりありがとうございました。マルティヌーのファンタジアはやはり、オリジナル編成のテルミンでやってこそ味が出るのだと改めて確認できました。歴史がようやく追いついて、テルミンを受容するようになってきた今日、どんどんテルミンの為のオリジナル曲が増えていく事を願っています。またいつかどこかで皆さんとご一緒できればと思います。まずはお礼まで、、

  6. takaf | URL | -

    特雷門琴さま、

    昨日は、素敵なひとときをありがとうございました。
    とても素晴らしい演奏会でした!

    > どんどんテルミンの為のオリジナル曲が増えていく事を願っています。
    同感です。

    またいつか、ご一緒できる日がありますよう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://theremindays.blog54.fc2.com/tb.php/69-6817dda4
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。